top of page

スポーツレクレーション!バッゴーとピロポロに初挑戦

更新日:2月21日

 2月7日(水)午後1時30分~春日居福祉会館にて開催されたスポーツレクレーションに子どもたちと一緒に参加してきました。

 夏は、3B体操、12月はボッチャ体験で楽しんできましたが、今回はニュースポーツの「バッゴー」と「ピロポロ」に初挑戦

 この2つのニュースポーツは、ルールが簡単で、小さい子から人生の大先輩まで気軽に楽しめて、すぐに仲良くなれるゲームでした。


 写真は「バッゴー」未就学児がお姉ちゃんのサポートを受けてビーンバックを投げたところ


「バッゴー」とは・・・(山梨県スポーツ協会のHPより)

 離れて設置したプラスティックボードを目掛けてビーンバック(大きなお手玉のようなもの)を投げる的入れゲーム

 誰でも楽しめるバリアフリーなゲームです。


「主なルール」は・・・

・2つのボードを向かいあわせで設置し、1チーム2名でゲーム

・ボードを目掛けてバックを投げ入れることでゲームがスタート

・バックは各チーム交互に投げる。

・それぞれのチームが4個のバックを交互に投げ、終わったら1ラウンドを終了し得点を計算

 


写真は「ピロポロ」未就学児がシュートを打とうとしているところ


「ピロポロ」とは・・・(山梨県スポーツ協会のHPより)

 アメリカ生まれで、ホッケーを「手軽に楽しく」の発想から、より安全にルール化した軽スポーツ

 

 主なルールは・・・

 コートの大きさは25m×10m、コート中央にセンターラインを引き、両端のゴールエリア内にゴールを設置

・1チーム6人

・キーパーエリア内からボールをスティックで打ち、相手ゴールに入れると1点

・1ゲーム10分で、3ゲームマッチで勝敗




 今回も笛吹市社会福祉協議会の支援センターふえふきのスタッフにお声かけいただき、地域交流に参加することができました。今回で3回目の参加、会場の雰囲気にも慣れた子、初めて参加して緊張していた子もいましたが、参加していた皆さんからたくさん声をかけていただいたので、参加した子どもたち笑顔でおとのはに帰ってきました。今回も幅広い年齢層の方々とお話しする機会を得て、とても貴重な体験となりました。

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page