top of page

ボッチャ初体験、スポーツレクレーション

更新日:2023年12月24日

 12月20日(水)午後1時30分~春日居福祉会館にて開催されたスポーツレクレーションに未就学の子が参加してきました。

 夏は、3B体操で思いっきり体を動かしましたが、今回はパラリンピックでもお馴染みの「ボッチャ」白いボール(ジャックボール)にできるだけ近づけたチームが勝ち!投げ方はどんな投げ方でもOKです。投げる強さや方向も考えてゲームを進めていきます。

 参加した児童が、チーム名を考えて「赤チーム」と命名

 これがややこしくなってしまって青ボールを持ってもチーム名は「赤チーム」相手チームが赤いボールを投げるとどっちがどっちのチームのことを言っているのかわからなくなってしまいました。(笑)

 そんなこんなで、頭をたくさん使う「ボッチャ」体験になりました。

 今回も笛吹市社会福祉協議会の支援センターふえふきのスタッフにお声かけいただき、地域交流に参加することができました。


 そして何より参加者の皆さんから、たくさん声をかけていただいたので、参加した児童は幅広い年齢層の方々とお話しする機会を得たことも貴重な体験となりました。



 

 

 ボッチャとは・・・「ボッチャはすべての垣根を超えて、誰でもできるスポーツ」

 ボッチャという競技は、年齢、性別、障がいのあるなしにかかわらず、すべての人が一緒に競い合えるスポーツです。障がいによりボールを投げることができなくても、ランプ(勾配具)を使い、自分の意思をランプオペレーターに伝えることができれば参加できます。(一般社団法人日本ボッチャ協会のHPより)

 

 

閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page