top of page

みんなで力を合わせて「焼きそば」をつくってみよう!

更新日:6月9日

 5月6日子どもの日の振替日に「焼きそば」づくりの調理体験を通して、つくる喜びと食材の尊さを感じることと、屋外遊びを通して、子どもたちがお互いのことを気にかけあえる日となることを目指して開催しました。


朝の会にてお友達紹介と一日の流れ、「今日のめあて」を確認して取り組みました。


✨めあて「おたがいのことをきにかけてすごそう」(たのしくすごすこころがけ)


🍳「やきそばつくり」

 *みんなできょうりょくしあってつくろう!

🛝「そとあそび」

 *あそぶときはじゅんばんこ、「おさきにどうぞ」「ありがとう」ときもちをつたえよう!

🥰「いちにちをとおして」

 *いきあったひとにきもちちよくあいさつをしよう。

 *ふざけすぎて、けがをしないように、こころがけよう。(おともだちやおとなのひとが「あぶないよ」とちゅういしたときはすぐにやめましょう。)



早速🍳「焼きそばづくりに挑戦!」

 子どもたちのリクエストが多かった焼きそば!

 焼きそばは昨年のクリスマス会の時にみんなで作って大好評だったので今回2回目の挑戦です。今年度から利用が始まったお友達は初挑戦!

 子どもたちは関心ごとから取り組んだり、ボランティアさんやご家族の皆さんと一緒に挑戦したりと自分のペースで取りかかりました。


玉ねぎの皮を頑張ってむいています。





具材を食べやすい大きさに切っていきます。






小さい子たちもボランティアさんと一緒に焼きそばを炒めました!

焼けたら大きな鍋に入れていきます。待ちきれないよ~っと言ってふたを開けちゃうところ


一人一人に盛り付けていきました。


🛝午後は、食休みをした後に、みさか桃源郷公園に出かけました。🚌

 遊具で遊んだり、紙飛行機を飛ばして遊びました。



 子どもたちは保護者やボランティアさんも一緒になって焼きそばをつくったり、遊んだりしたので、大きな家族というか親戚が集まって遊んでいるような和やかな雰囲気の一日でした。

 





閲覧数:30回0件のコメント

Comments


bottom of page